Now Loading

南蒲生の旬な“話題”をお届けします

潘基文(パン・ギムン)事務総長のメッセージ

2015.03.16


11064798_913958838635383_2527317200057744005_n

国際連合広報センターより潘基文(パン・ギムン)事務総長が南蒲生を訪問した際のメッセージが掲載されていました。

メッセージの一部を転記します。

===============

こんにちは。

私は南蒲生地区を訪問し、地域の指導者や学生、市民の方々とお会いできたことを、たいへん嬉しく、また光栄に思います。

私たちを温かく歓迎、歓待し、この悲劇の克服に取り組む様子を見せていただいた方々に感謝したいと思います。

私は4年前、[福島]南高校を訪問し、当時生徒だった多くの方々とお会いしました。私は、困難の克服に向けた強い意志と精神、そして勇気によって、大いに鼓舞されました。

4年後、この地を訪れた私は、日本人が災害を、以前よりもさらに強いコミュニティを目指す機会へと変えている姿に、深い感銘を受けています。

日本の方々は、悲劇をよりよく明るい未来へと変えることにより、素晴らしい勇気と強靭な精神を実証しました。これこそ日本人の精神の神髄といえます。私はそれに深い感動を覚えています。

世界各国の首脳陣が集まる会議で潘事務総長は、みんなで知恵を絞り合い、世界が今後、自然災害による被害を最小限に食い止め、被災後も力強く復興していけるようなレジリエントな人と町をつくるための行動指針づくりに励んでほしい、と期待を寄せました。

■全文はコチラ;潘基文(パン・ギムン)国連事務総長記者会見  ー仙台の被災地を視察して (国連広報センター))
http://www.unic.or.jp/news_press/info/12910/

===============

世界各国の首脳陣が集まる会議で潘事務総長は、みんなで知恵を絞り合い、世界が今後、自然災害による被害を最小限に食い止め、被災後も力強く復興していけるようなレジリエントな人と町をつくるための行動指針づくりに励んでほしい、と期待を寄せました。そんな願いを届けるべく潘事務総長が選んだ視察先は、仙台市内にある海沿いの小さな街、南蒲生(みなみがもう)。4年前の東日本大震災では、ここ仙台をはじめ東北地方全体が巨大地震と津波、そして一部では原発事故で未曾有の被害を受けました。しかし、東北の人々は打ち拉がれているだけではなく、生活を立て直し、以前にも増して災害に強い町づくり、人づくりに励んでいます。そんなたくましい復興を遂げる南蒲生は、まさに潘事務総長をはじめとする国連が目指す持続可能な世界を築くための「レジリエントな人と町」を体現したものでした。

■関連記事:国連事務総長、災害の悲劇を持続可能な未来へと変えるモデルとして、仙台の震災復興を称賛(国連広報センター)

http://www.unic.or.jp/news_press/info/12930/

■関連記事:「仙台から始まる持続可能性」創設70年を迎える国連の重要課題として国連事務総長、日本から発信(国連広報センター)

http://www.unic.or.jp/news_press/info/13252/